協議離婚

「話し合い」で離婚の取り決めをする方法です

話し合いで離婚することを「協議離婚」と言います。
協議離婚は、離婚する意思のほかに離婚の条件について話します。離婚の意思がお互いにあれば、「離婚届」を市区町村に提出すれば離婚出来てしまいますが、それでも離婚届の記載欄に「子どもの親権」についての記載欄がありますので、厳密には「離婚の意思」だけで離婚届を提出することはできません(しかし、相手の気持ち・考えも聞かずに勝手に離婚届を提出されるケースもあります)。
また、話し合わなければいけないことは、他にもいろいろあります。
お金のこと、家のこと、子どもの養育費、離婚後に子どもに会うこと、など話し合わなければいけない重要なことは以外とたくさんあります。ですから、離婚をする際には、必ず「離婚の意思の確認」「離婚の条件」について話し合います。

そして、離婚には、その他の方法として「調停離婚」「裁判離婚」がありますが、まず一番初めに行うのは
この「話し合いによる離婚」です。まずは話し合いでお互いの気持ち・考えを確かめて離婚についての解決を目指します。

話し合いがまとまらない・・・

話し合いがまとまらないと、次に考えられるのは「調停離婚」そして「裁判離婚」です。ですが、いきなり「裁判離婚」はできません。裁判を行うにはまずは「調停」をしなければならない、という法律上のルールがあります。ただ、話し合いがまとまらないから直ぐに「調停」⇒「裁判」という進め方をしなければならないわけではありません。離婚について、我慢できるところまで、「何回でも」話し合いを続けて全然構わないのです
離婚をする当事者は、「このまま話し合いでいろいろ解決したい」「話し合いではまとまらないから調停や裁判での離婚を目指そう」など、自分の気持ち、相手の気持ちを考えて進めていきます。

協議離婚のメリット・デメリット

話し合いで離婚をする「協議離婚」のメリット・デメリットについてお話します。

メリット


どんな理由でも、お互いが合意すれば離婚することができる(裁判だと決められた理由でないと離婚できない)


自分たちの離婚ついて、自分たちだけで決められる(調停、裁判だと自分たちの納得できる内容で離婚できるかわからない)


調停、裁判と比べた時に、「肉体的」「金銭的」「時間的」な負担はかからない(裁判(中には調停も)は、やはり弁護士費用がかさみます)

①について

裁判離婚をするには、は法律に定められた理由でないと裁判を行うことができないんです。それに対して話し合いによる離婚は、当事者同士の話し合いなので、離婚の理由や原因は何でもかまいません。

②について

自分たちのことは、自分たちで決める!私たちのこともあまり知らずに、他人の話や、一般的な例なんかで決めたくない!という方は協議離婚が良いです。どうしても離婚したい!という場合は調停離婚、裁判離婚をしなくてはなりませんが、例えば裁判の結果が納得いくものなのかどうか、時間をかけたのに微妙な内容になってしまった・・・といこともありえます(ただし、話し合いが進まない場合は調停・裁判に頼らざるを得ません。)。

③について

「調停離婚」「裁判離婚」は、ある程度の期間がかかることを覚悟しなくてはなりません。「調停」「裁判」は法律上の制度ですので、法律に従って、書類を用意して申し込みをしたり、証拠となるものを用意したり、弁護士に依頼するのであれば、弁護士との打ち合わせもあります。離婚の当事者以外の「第三者」を真面目て事がすすむので、協議離婚と比べて「肉体的」な負担があると言えます。また「裁判」となると弁護士を依頼することとなるでしょう(本人でも裁判をすることができますが、専門的な知識がどうしても必要になるので大変です)。弁護士費用はなかなか大きな額となります(「調停」の時から弁護士に依頼する方も多数いらっしゃいます)。そして最低でも6ヶ月(揉めに揉めている場合は年単位)などと言われています。離婚で揉めている方は全国多数いらっしゃいます。自分たちの番になるまで順番を待たなければいけませんし、裁判所、調停員、専門家に依頼するなら専門家のスケジュールも考えなくてはなりませんので「時間的」な負担は協議離婚に比べるとあります。

デメリット


「離婚の知識」がある程度はないと、離婚後の生活が大変になることもある


相手が、話し合う気持ちがないと、そもそも「話し合いによる離婚」ができない

①について

「離婚の知識」がないとどんなことになるでしょう?例えば、口約束で決めてしまった場合、離婚届を出したあと「慰謝料が払われない」「不動産の名義が変更されない」など、離婚届を出すまえにした約束が守られなかった場合に、どうすればいいのでしょうか?こうならないように証拠にのさなければならないのですが(例えば、離婚協議書を作成する)、知識がないばかりに「間違った内容の離婚協議書」を作成してしまったら、自分に不利な証拠ができてしまいます。「離婚の知識」がないと、そんなことが起こることもあります。また、「自分にはある程度、離婚についての知識があるよ!」と思っていても、相手の方が離婚の知識がある場合には、相手に有利に事をすすめられてしまう恐れもあります。それを考えると「調停離婚」「裁判離婚」と比べて負担が少ないとは言え、協議離婚には少し怖さがありますよね。

このサイトは、基本的には協議離婚を目指していますので、そのための知識、勉強を発信していきます。 

②について

協議離婚は「話し合いによる離婚」です。ですから、そもそも相手に話す気がなかったり、離婚する気がなければ「話し合いによる離婚」はできません。「話し合いをしよう」と切り出すタイミングや、話の内容の伝え方、なんかを少し間違っただけで「話し合いによる離婚」から遠のくこともあります。

アキラの意見

協議離婚は、話し合いによる離婚です。「話し合いによる離婚」は、全体のおよそ9割と言われています。だけど。そもそも「話し合い」にならないと、なかなか難しいですよね。また、「早く離婚したい!」という気持ちが強すぎて、悪い条件のまま離婚する方もいらっしゃいます。本サイトでは「話し合いによる離婚」を目指していきますが、決して不利にはならない妥当な内容で離婚することを目標に、いろいろな情報を発信していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です